こんにちは😊

DIYで棚や室内干しグッズなどをつけようと思うと必ず必要なのが下地ですよね。
新築の時に下地を入れてもらった場所は問題ないのですが、住んでみてここに欲しかった!と思う場所には下地がないのが現実💦💦


知識のある方やDIY経験がある方からしたら当たり前の話と道具になると思いますが、
初心者で苦労した私がオススメする道具をご紹介したいと思います😊



まず、DIYを初めてした時は下地を探すためにとりあえずこれを買いました!

FullSizeRender
下地さがし どこ太

壁にグスッとさして、針が途中で止まれば下地になる木材があります。無ければ石膏ボードの先は空洞です。
当時はどれくらいのピッチで柱があるとか分からなくて、闇雲に下地探しで刺しまくっていました😅💦

壁を叩けば音で分かるとよく言いますが、叩いても全然分からなかったし😂
むしろ手が痛いだけだし😂
素人でも慣れたら音で分かります


この下地探しを数ヶ月使っていたら壁には試し刺しの穴だらけだし、針も曲がってしまいました😅


次はセンサー式のが欲しいなと思ったんですが使いこなせるのか分からない💦
こういうの↓




そして購入した2代目の下地探しはこちら

FullSizeRender



1代目と品名は同じですがマグネット付きの下地探しです!!これがとても便利♡


壁の石膏ボードは木材にビスで止めるので、ビスを探せば下地(木)がある場所が分かるんです。ビスはマグネットに反応するのでマグネットでビスを探していきます⭐︎

IMG_8145

上の写真は石膏ボードをつける前で、下の写真が石膏ボードをつけた時の写真
✳︎見にくい写真しかなくてすみません💦


FullSizeRender


赤で囲んだところに点々とビスがあるんですがここの下に下地になる木材があります。


下の写真は天井に干すクリーンをつけようかなと天井の下地を探す時に撮影したのですが、同じやり方です😊


IMG_8075

まず壁に沿わせて動かしていくとビスがあるとこにピタッとマグネットが反応します


IMG_8076

その辺りでブスっとさすっと柱に刺さり途中で止まります。下地発見!ということです。


IMG_8077
下地がないところに刺した場合は針が刺さり切ります。ここにはビスは打てません



このように柱の場所と範囲を探し、できるだけ柱の中心にビスをとめます


IMG_8080
柱の中心に刺せていなくてDIYした pid4mか落ちてきたことがあります😅
その後、窓枠のための柱を狙ってつけたらしっかり止まりました!!


今思うと下地が何かも分からずよくつけたなって感じ😅



これから新築する方は建築中の写真をたくさん撮影しておくとどのあたりに柱があるかすぐ分かって便利ですよ😊
FullSizeRender

FullSizeRender

柱がある写真と見比べると壁紙がついた後も分かります⭐︎



DIY初心者の私が下地を探して自分でつけたもの↓


IMG_3846



IMG_4084

タイルは自分で貼りました^ ^


IMG_7036

IMG_5171

洗面室の可動棚棚柱

こちらは柱がなく石膏ボード用アンカーを使いました💦




DIY記事はこちらにまとめてます!!

⭐︎DIY記事





オススメのDIY用品は楽天roomにまとめています




慣れてくるとどんどん楽しくなってきます😊
今は赤ちゃんがいるのでDIYお休みしていますが、もうすぐ娘は1歳で保育園!
復職にも慣れてきたら休みの日に近所のDIY教室に通いたいと思ってます⭐︎


自分が下地探しが分からず苦労したので記事にしました!知識のある人からすれば突っ込みどころがあるかもしれませんが誰かのお役に立てれば嬉しいです😊

FullSizeRender



以上、お読みいただきありがとうございました‼︎

愛用品はコチラ↓楽天ルームに載せてます


ブログランキングに参加しています。
↓良かったらポチッとお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

更新情報をLINEで受け取れます↓